薄毛になった場合の発毛・育毛対策は生活習慣・食生活を変え、且つ飲み薬と塗り薬を飲む事が非常に大事です。

生活習慣は成長ホルモンが分泌される22時~2時に寝ておくと毛髪が成長しやすく、食事は栄養バランスが良い物を食べると良いでしょう(塩分過多と脂肪過多は厳禁)。飲み薬は決まった時間に1日1回服用し、塗り薬は朝晩に塗る事が最も髪に良いとされています。薬代は両方を使うと1か月で1万5千円~2万円程度がかかります。

薄毛の話題性
ストレスだけではなく、血液循環が悪かったり、遺伝やホルモンといった事が薄毛の原因として挙げられています。また、男性型脱毛症をAGAという呼称が付けられています。

しかし、現在では専門の高い知識や経験を持っている医師の方が在籍している病院も多くなってきていて病院の皮膚科で診察を受ける事で適切な治療を受ける事が出来たりアドバイスをしてもらう事で発毛や育毛を促す事に繋がり悩みを解消する事が出来るようになっています。

基本的に頭髪の本数が少なくなってきて、客観的にでも頭皮が見えるようになることです。一般的に遺伝性があり、中年男性から年を重ねるごとに進行していくため多くの男性の悩みの原因にもなっているものです。

悩みを抱える人は、シャンプーや食事を変えて、発毛や育毛の促進をはかっています。ですが薄くなる前の若いうちから気をつけておくことで、薄毛になる確率も抑えることはできるものです。薬局では頭髪に良い商品も多く売られています。

薄毛に悩む人へ
薄毛に悩む方が考えることといえば諦めるか諦めないかがあり、さらに諦めない方が考えることが二つあります。それはカツラを着けるのか育毛や発毛をするかです。カツラの装着は簡単にごまかすことができるという大きなメリットがある反面、金銭面での負担や周囲にばれてしまう危険性があります。

そこで、もう一つの選択肢の育毛のことを考えてみます。たしかに大変なことではありますが、一度生えてきてしまえば今までの悩みが解決することができ、新たな自分を発見し髪型を変えるという楽しみ方が増えます。

発毛とは、自分の髪の毛が生えてくる事です。男性型脱毛、遺伝やストレスなどから脱毛や薄毛が進行してしまいます。ほうっておくと、脱毛はさらに進んでいきますので、育毛をする事が必要です。

食べ物を見直し体質を改善して、シャンプーなどの日頃の手入れを育毛専用にするなど、取り入れやすい事から始めるといいです。ストレスが良くないのでゆっくりとした休養や心のケアも怠らずに、心身ともに健康になれば髪も健やかになっていきます。

育毛の種類
育毛の種類は、大きく分けて3つあります。

男性ホルモンによる抜け毛防止で、テストステロンの変性によって異常な皮脂分泌やバランスをくずすのをプロペシアという薬の飲用で脱毛因子を抑えます。また、育毛剤を使用し頭皮の血行促進・保湿・抗炎症など頭皮環境を整え改善することで毛母細胞に栄養が届き発毛を促します。毛母細胞・毛乳頭細胞を刺激、活性化させることで髪の成長を促進します。薄毛、猫毛の方が効果の体感を得やすいです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031